香り徒然

もしかしたら前にここにも書いたかもしれないけれど、いくつかの香りにまつわる思い出がある。

 

自然界にある...お花の香りの記憶には人物が紐付いており、そのどれもが大切な記憶だ。沈丁花には学生時代の恩師。金木犀には39歳で死んだ父親。花の咲く季節になると毎年その人のことを思い出すことができる。香りが揺るぎない安心感となり私を包む。

 

人工的な香り...香水の記憶もある。エスティローダーのビューティフル、クリニークのハッピー。ビューティフルは初めて付けた香水だった。大人に憧れ、仮面を被るみたいな感覚で纏った香り。

 

昔も今も香水はあまり得意ではないけれど、30代の頃はクリニークのハッピーを常用していた。使うと元気になれるという暗示をかけて少しでも明るく見せようと頑張った。スイッチを強制ONできる。だから今この香りを感じるとちょっとドキドキしてしまう。頑張らなきゃいけないという気持ちになるのかもしれない。本当の自分を隠し鼓舞するための香り。

 

香りを纏う理由は人それぞれだと思う。それは自分を表現するもののひとつで、香水をつけ忘れたら化粧し忘れたのと一緒と思うくらいの人もいるようだ。誰かに認めてもらいたいから誰かが好きな香りをつけるという人もいるだろう。

 

目に見えないのに気持ちを支配することもあるなんてすごいな。

 

40代も後半になった今、私の場合香りは癒しであることが多い。鼓舞するのではなくありのままの今の自分を労って優しく包んでくれる香りを感じながら過ごしたい。

 

四季の花の香り、好きなシャンプーの香り、入浴剤の香り、アロマオイルの香り...

 

近くにいる人にふわっと香って癒しのおすそ分けもできたらいいのかもね。患者さんの不安も和らぐかな。

 

 

 

さがしもの

今年に入り、少しずつではあるが『書く』ことを始めている。小さな手帳に覚書をしているだけだが、やはり紙の上にペンを滑らせる行為自体が心を落ち着かせるのだな…。

 

しかし、老化なのだろうか。考えをまとめることが苦手になってきた。箇条書きでメモを残すことはできるのだが、それを重要度で分けたり不必要な情報を排除したりする判断力が低下している。認知症の始まりだったら…と、不安にもなる。

 

そんなわけで、ここにも上手く書くことができない。マッサージを受けながら、あーあれをこうしてそうして…とアイディアが浮かんでも帰宅すると面倒になっている。

 

仕事はこなせるし充実していると感じられるのだけど、プライベートな空間に置かれた自分は空っぽ。中身どこいっちゃったんだろ。

 

誰か知りませんか?私の中身。

2020年のはじまりに

街ではそれぞれの2020年が始まっているようだ。きりのいい数字だしオリンピックもあるし...、特別な思いを持って新年を迎えている方も多いことだろう。

 

新年早々ひどい夢をみた。

処置台のようなところに乗せられて、もうすぐ命を失うというシチュエーション。注射を打って、少しずつ少しずつ感覚を失い、記憶を失い、言葉を失っていく。命の終わりに愛する人のことではなく、ただただ感覚を失う自分の身体について静かに思いを巡らせている自分を客観的に感じながら、やれやれと思う。

そこで目が覚めた。

 

これが初夢だとしたら、どんな暗示なのだろうか?

指先の感覚を確かめながら冷たい水で手を洗い、さあたくさん感じよう...。手で。肌で。耳で。目で...。感じよう。

自分のために生きる

残りの人生、どういう風に生きようかな。

仕事、なんとなくまだ少しは稼げて買いたい服くらいは手に入れられて、時々はお酒も飲みに行ける。

仕事のない日にはただ家の中で身体の疲れを癒している。そんな毎日。

 

考えてみれば、子供が保育園に入園してから高校生活が終わるまでは、仕事が休みの日にパズルのように予定をはめ込む生活が長く続いていた。

 

それが今は細々とした子供のための用事もなく、自分以外の誰かのために作るお弁当もなくなった。

 

スケジュール帳を埋めるのは子供の学校行事ではなく、エステや忘年会や通院の予定だけ。全部自分のための予定だ。

 

子供のための用事なら、ちょっと面倒だと思っても、多少体調が悪かったとしても、無理してこなしてきた。でも自分のための予定だとエステなんて面倒くさい、人と会うのも億劫だ...となればスケジュール帳はいつでも真っ白にできる。

 

誰かにために生きるのではなく、自分のために生きるって、自由という面倒を抱えるものなんだね。

 

12月。とりあえず日曜日毎に人に会う予定が入った。全部こなせるか...すでに不安になっている。

 

 

2019年が終わったら、頑張ったねって言ってもらいたい。

よしよし。

 

 

今日も眠る

あなたのことを好きですよ。

そう思っている相手には好意が伝わる。

あなたのことどうしても好きになれない。

そう思っている相手からは嫌われる。

 

心を閉ざせば周りの全ての音が聞こえなくなる。

全ての想いは届かなくなる。

 

閉ざしたい。

閉ざしたくない。

その狭間に今日も眠る。

 

忙しい理由

かつて事務職の頃は残業や出張も多く、残業の後によく飲みに行ったりもしていた。その頃に比べたら今は暇だ。診療が終われば自分の仕事は終わりで家に持ち帰る仕事はない。定時には帰宅し、昔は家で私の帰りを待ちわびていた娘はもう大学生なので特に私を必要とする要件もないわけで、私が帰宅する時間に在宅していることもほとんどない。

 

のんびり夕飯を作り、適当に掃除洗濯をし、あとはスマホを握りしめてベッドに入るだけだ。

それなのに...。それなのになぜか時間がない。

 

理由はただひとつ。

ツイッターのせい。

 

ツイッターやめれば時間できるんだよな...。

たいして活用もしてなくてダラダラ見てるだけの不毛な時間が長い。

 

うん。夜の時間、もう少し有意義に使いたいな。

 

 

イジワル虫

去年勤めていた職場で、娘ほどの歳の子から小学生のイジワルのような嫌がらせを受けたことがあって、それがきっかけで転職を早めることとなった話。

 

自分は子供の頃から争い事やトラブルの場面にいることが苦痛でなるべく避けて暮らしてきた。トラブルになる前に避ける癖がついていたため、大人になってもほとんどそういう経験がなく、去年のそれは自分にとって衝撃的な出来事となった。

 

文字にしてしまえば本当にたいしたことではないのだ。患者さんが終わった後普段なら手の空いているスタッフが片付けをして一緒に帰るのだが、その日は最終のアポイント時間、私の患者さんが終わった後に受付さんに伝言事項を伝えに行き診療室に戻ると、彼女は片付けを一切せず早々に診療室の電気を消して無言で帰った。私が使用していた診療台とレントゲンを写しているモニターだけが煌々と光を放った診療室。イルミネーション?キレイ...いやいや...は?まずは呆然とした。

 

無言で一人片付けをしながら、悲しくなって涙が溢れそうになった。いい大人が...だ。10分もしたら冷静になってきた。『ああ、イジワルをされる免疫がないんだな〜自分...。』

 

その子が精神的に不安定な部分があることは承知だったが、私はこのこととは関係なく数ヶ月後に退職することが決まっており、なるべく穏やかに引き継ぎを終えようと気を遣って過ごしていた。しかし、日々ジェットコースターのような喜怒哀楽の乱高下に正直疲れていたので、これをきっかけに双方の精神状態を維持するためにと退職を早めてもらった。

 

当時は自分の対応にも問題があったのかもしれない。指導の中で言い方がきつかったかな?とか、省みたりもしてみたが、もう辞めたのだから忘れよう!と、その後は考えることもやめた。

 

ほどなくして、かつての同僚からその子が患者さんを怒らせてしまうトラブルを起こし、本来の資格業務から外された末に退職したことを聞いた。

 

その子はトラブルを巻き起こしても自分にも何もプラスになっていないことにいつか気付くかな。

 

因果応報なんだよー!

私の心の中のイジワル虫がつぶやく。